埼玉南部エリアで56年の実績。信頼のネットワークで安心・納得をお届けします。

24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。
0120-55-7800
お急ぎの方 資料請求
お問い合わせ
お見積りフォーム

洋花、生花の違いと贈る際の注意点

お通夜・葬儀の際に大切な方への最期の贈り物としてお供えし、飾る供花。
さまざまな種類がありますが、今回の記事では最もスタンダードな供花・生花・洋花の違いと、お贈りする際の注意点をご紹介します。

葬儀のお花は主に3種類

葬儀のお花といいますと「供花」「花輪」「枕花」の3種類がございます。
それぞれ設置される場所や用途が異なりますので、確認していきましょう。

供花

供花は斎場入口や祭壇の周囲に設置されます。
故人様のご親戚・ご友人・遠方のため式に参列できない方などから贈られる傾向がありますが、どなたでも 送ることができます。

花輪

生花や造花などでつくられたリング状のもので、斎場の外や入り口に設置されます。
故人様と近いご親族の方や、ゆかりのある会社関係などから贈られるケースが多いです。
最近では家族葬や会館葬が増えたこともあり、あまり見られなくなりました。

枕花

故人様の枕元に飾るお花です。
故人とゆかりの深い方や、故人ととくに親しかった方がから贈られることが多いです。
葬儀が終わるまで故人様のそばに飾られますので、派手なものではなく、小さく控えめな落ち着いた色調の籠花(果物や缶詰等を籠に盛り、周りを造花で飾ったお供え物)が適しています。

供花・生花・洋花の違い

葬儀のお花は主に3種類

供花は故人様と親しかった人からお悔やみの意味で送られる贈り物です。
会葬者様からいただいたお花で、華やかに祭壇や入口を飾りながら、故人様をお見送りできれば、ご遺族様にとってもささやかな慰めにもなることでしょう。
供花では一般的に、生花(せいか)=造花ではない生のお花を使用します。
日本のお葬式では、菊やユリ、デンファレ、胡蝶蘭などが好んで使用されていましたが、現在では小菊、スプレー菊、カーネーションなどの洋花の供花もよく目にします。
どちらのタイプを選ばれるかは、故人様らしさや、喪主様やご遺族様の好みに合わせて選ぶとよいでしょう。
地域によっても違いがあり、川崎・横浜エリアにおいては菊よりも洋花の方が多い傾向があります。
伝統的な菊などを用いるよりも、花材や色合いなどをよりアレンジでき華やかな印象の強い洋花の支持が高いようです。

供花を贈る際の注意点

お悔やみの気持をこめた供花を快く故人様やご遺族様に受け取っていただけるよう、贈られる際に注意したい点がございます。
確認して参りましょう。

遺族の了承を得ることから

供花を飾るスペースがあまりない、故人様のご意向で供花のご辞退を希望されているなどのご都合がある可能性があります。
まずはご遺族様にご相談、次に斎場に連絡をし、葬儀を担当する葬儀社を通して供花の用意を進めましょう。
宗派によってマナーがあったり、葬儀社によっては提携している生花店以外からの供花を設置できなかったりといったこともあります。

名義や故人様との関係性をしっかりと提示しましょう

個人/団体で送る場合それぞれで、使用されるお花や飾りつけに若干の違いがあったり、故人様との関係性により供花を並べる順番が変わったりします。

自分で選びたい場合

供花は会館や祭壇と調和したものが好まれます。
自分で生花を選びたいとご希望の際には、他社で手配してもよいか、花の種類を限定されているかについて葬儀社に連絡を取りましょう。
また、故人様を偲びたいというお気持ちのあまり、あまりにも大きく立派な供花を贈られますと設置がむずかしく、ご遺族様にお手間を掛けてしまう可能性がございます。
葬儀場や予算感を聞いてから、ご遺族様へのお気遣いも忘れずに供花を贈られるとよいですね。

まとめ

今回の記事では、故人様を偲ぶ1つの形としての供花・生花についてご紹介して参りました。
故人様やご遺族様のご意向や、宗派、土地の風習、会場の雰囲気など、供花をお贈りする際にはさまざまなマナーや決まり事もございます。
色々と考えてみたものの不安がある場合には、葬儀を執り行う葬儀社に任せてみるのもよいでしょう。
ぜひマナーを守りご遺族様の悲しみに寄り添いながら、思いやりの気持ちをもって供花をお贈りくださいませ。
葬儀の供花についてお悩みやご質問がありましたら、ご遠慮なく東冠までご相談ください。
24時間365日、ご相談を承っております。

納得のいくお葬式にするために、事前相談をお薦めしております。

葬儀の事前相談はこちら
     
ご葬儀に関することなら、
私たち東冠にお任せください
無料相談無料見積もり無料資料請求
0120-55-7800
24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。