埼玉南部エリアで55年の実績。信頼のネットワークで安心・納得をお届けします。

24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。
0120-55-7800
お急ぎの方 資料請求
お問い合わせ
お見積りフォーム

気持ちが伝わる香典返し・返礼品(カタログギフト)のマナー

香典返し

お通夜やお葬式に参列された方々からの「故人や遺族のために使ってほしい」という気持ちが込められたお香典。
お香典へのお返しギフトを【香典返し】と呼びます。
お香典返しのマナーや送り方、返礼品についてご紹介して参ります。

【マナー】香典返しはいつまでがベスト?!送り方は?

ここでは、香典返しの基本的なマナーを見て行きましょう。

香典返しのタイミング

四十九日を過ぎて(忌が明けた後)から1か月以内に香典返しをお渡しする場合(後返し)と、お葬式の際にお返しする場合(当日返し)があります。
後返しが一般的ではありますが、最近では当日返しを選択される喪主様も増えています。

送り方

1:掛け紙をつける
表書きに「志」の文字が記されていて、結び切りという形の水切りついた掛け紙に、送り主の名字を書いた形式で、お渡しするのが一般的です。

2:礼状・挨拶状を添える
出来ればお相手のご自宅などにお伺いしてのお渡しが理想ですが、遠方やお渡しする方が多い場合は直接のお渡しが難しいケースもありますよね。
香典返しを配送する際には、挨拶状を添付しましょう。
礼状には、句読点を一切使わないのがマナーとなります。

香典返しの品物について

お茶
ここでは、香典返しに選ばれている品物や一般的なマナーをご紹介します。

香典返しの相場

香典でいただいた金額分に相当する金額ではなく、頂いた金額の半分を目安としましょう。
ただし、関係性の深い方からの香典で高額な場合には、必ずしも半額である必要はありません。
ご厚意に甘えてお返しするのは半分以下~4分の1程度のものでも失礼には当たりません。
当日返しをご検討される場合は、多くのケースでお香典が5,000円~10,000円であると想定して2,500円~5,000円相当の香典返しをご用意される方が多いです。
想定金額を大幅に超えるお香典を頂戴した際には、後返しで当日返しの金額を差し引いた金額の香典返しとしてお送りしましょう。

香典返しに相応しい品物

香典返しは、忌事への返礼ですので「後に引かないもの」つまり消え物が良いと言われています。
食品はそういった意味でも、香典返しのお品として選ばれる方が多いです。
古くから親しまれている香典返しの品物として、お茶や乾物、焼き菓子などがあります。
最近では、紅茶・コーヒー・石鹸・洗剤なども選ばれています。
反対にお渡しがタブーと言われるものとして、魚・肉・酒が挙げられます。
魚やお肉に関しては、宗教上の理由からタブーとされていていますし、お酒は祝事のイメージが強い、また運転してお帰りの方が道中で飲酒してしまう恐れがある為、香典返しの品物としては控えるのが一般的です。

返礼品としてカタログギフト

カタログギフト
「返礼品としてカタログギフトは失礼にあたるのでは?」
と言った声もありますが、そんな事はありません。
受け取った相手に好みに合わせて選んでもらえるため、選ぶ側も送る側も負担の無いギフトになるため香典返しのお品物として人気が高いです。
また、当日返しとしてカタログギフトを選択すれば、参列者の方の手荷物にならずに済むのもメリットの1つだと言えるでしょう。
カタログギフトには様々な価格帯・商品のタイプがありますが、香典返しに相応しい落ち着いた色合いの表紙デザインであるか等もご確認下さい。
弔事専用のカタログギフトも各社から販売されていますので、迷ってしまったら弔事向けの専門カタログを検討すると安心でしょう。
尚、グルメ系カタログギフトの中にタブーとされる魚・肉・酒の品物が含まれるケースも多いですが、受け取られた方が申し込むのであればマナー違反ではないという考えが一般的です。

まとめ

香典返しの一般的なマナーと、品物についてご紹介して参りました。
故人様にお供え頂いた心遣いにきちんと応えられる、誠意の感じられる香典返しが出来るよう、ぜひ参考にして頂けますと幸いです。
お葬儀に関するお困り事がありましたら、いつでも埼玉の葬儀社【東冠】までお問合せ下さませ。

ご葬儀に関することなら、
私たち東冠にお任せください
無料相談無料見積もり無料資料請求
0120-55-7800
24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。