埼玉南部エリアで55年の実績。信頼のネットワークで安心・納得をお届けします。

24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。
0120-55-7800
お急ぎの方 資料請求
お問い合わせ
お見積りフォーム

身内だけで葬儀を行いたい!家族葬・密葬との違いとメリット・デメリット

お葬式と言いますと、故人様の生前お世話になった方や、親族・友人を招いて執り行う通夜・告別式と続く「一般葬」が主流なイメージではないでしょうか?
しかし現在は、葬儀の仕方が多様化していて、葬儀に対する価値観の変化や核家族化などを背景に「家族だけで行う身内だけの葬儀」に注目が集まっています。
コロナウイルスの関係もあり、ますます「身内だけの葬儀にしたい」とご希望されるご遺族様からのご相談も増加している印象です。
埼玉の葬儀社【東冠】に頂くことの多いご質問の内容を中心に、身内だけで葬儀を行う際に知っておきたい、周知や参列者の範囲・費用などを解説して参ります。
さらに身内だけでの葬儀に関するメリット・デメリットにいてまとめてみましたので、参考にして頂けますと幸いです。

家族葬・身内葬・密葬の違い

結論から言いますと、家族葬・身内葬・密葬はいずれも、家族や親しい友人を中心とした少人数でのお葬式を意味します。
ただし、密葬についてはまずは身内だけの身内葬・家族葬を済ませてから、別日に故人様の親しかった会葬者を招いて本葬(お別れの会など)を執り行うことを前提としています。
一方の家族葬・身内葬では、本葬を前提にしていないため、葬儀後にお知らせを受け取った故人様の知り合いが訪ねて来て下さることも。
都度対応が大変になってしまうこともあるかも知れません。
密葬というと芸能人・著名人・社長などのお葬式のイメージもあるかと思いますが、故人様の生前親しくされていたお知り合いが多いようであれば、密葬をご検討されるご遺族様も少なくありません。

身内だけの葬儀の内容について

身内だけの葬儀の内容について

身内だけの葬儀の形は様々です。
ご遺族様の考えや故人様のご希望も考慮して、検討されてみて下さい。

家族葬

参列者を身内だけにして、一般葬と同じ流れで通夜・告別式を執り行う。

1日葬

お通夜・葬儀・告別式と火葬を1日で行う。

直葬

お通夜・葬儀・告別式などを行わず、火葬場で身内だけでのお別れを行う。

自宅葬

葬儀会場を使用せず、故人の自宅で通夜・葬儀を執り行う。

身内だけで葬儀にかかる費用について

身内だけでの葬儀に掛かる費用相場は40~150万円程になります。
基本的には、身内だけの葬儀にしても葬儀一式費用や寺院費用に掛かる費用はさほど変わりません。
ですが、葬儀会場の利用料金・飲食関連費用・場合によっては寺院関連費用も不要になるため一般葬(相場200万円~)に比べて費用が半分以下になることもあるでしょう。

身内だけで葬儀を行う際、どこまで周知するべきか

身内だけで葬儀を行いたいとなった場合に、どのタイミングでどの範囲の親族まで参列して頂くのが好ましいのか判断に迷われてしまいますよね。
故人様のお知り合いに「私も参列したかった」「なぜ声をかけてくれなかったのか」と後にトラブルになってしまうのはご遺族様としても、故人様のためを思っても避けたいものです。

周知のタイミング

身内だけでの葬儀を終えてから、葬儀終了後に訃報と、葬儀が無事終わった旨の連絡を入れましょう。
葬儀前に周知してしまうと葬儀当日に弔問に訪れたり、連絡があったりするなど、対応に追われてしまい故人様とゆっくりとお別れが出来なくなってしまう可能性があります。
葬儀を終えられてから、できれば2週間以内に故人が亡くなったこと、密葬で済ませたことを、故人様と親しい友人・知人などに伝えるようにしましょう。
知らせを受けて故人様を偲んで弔問に伺いたいといった申し出や相談への対応が予想されますが、弔問やお香典を辞退したい旨があれば、同時にきちんと伝えておくと良いでしょう。
一方、本葬を行う予定がある場合は、本葬を行うことや、日時について追ってお知らせする旨をお伝えしておきましょう。

会葬者はどこまで?

家族葬への会葬者は一般的に次のようになります。
・故人の直系の家族
・故人の子供とその家族
・故人の配偶者の家族
・故人の兄弟、姉妹

ですが、明確な範囲はありません。
職場の人や知人・友人を呼んではいけないという訳では決してなく、故人様との関係性を考えて判断されるケースが多いです。
数人~ごく身内のみでの葬儀では、故人様の配偶者のご家族や、故人様のご子息・ご令嬢様の配偶者と、お子さまには参列頂かない選択をされる喪主様もいらっしゃいます。
とくにコロナ渦の今は、できるだけ少人数でとご検討される方が増えていらっしゃる印象です。

故人様のお知り合いが駆けつけてくれた際の対応

後日、故人様を偲んで駆けつけて下さったご友人や知人に対して、香典を辞退されるのであれば、気持ちを伝えるお手紙を後日お送りになるのが良いでしょう。
香典をお受け取りになる場合には、香典返しを準備しておきましょう。

【要確認】身内だけの葬儀のメリット・デメリット

ここまで身内だけで執り行う葬儀についてご紹介して参りました。
次に、メリット・デメリットをまとめみましたので、ごく親しい身内のみでのお葬儀の選択が、ご希望に合った葬儀の形となるのか、ご検討の材料としてお役立て頂けますと幸いです。

メリット

・故人様との時間をたっぷりと持てる
会葬者様への対応やご挨拶などの必要がないので、故人様とゆっくり向き合うお時間が持てます。

・ご遺族側の心労を軽減できる
葬儀会場を準備や、返礼品や料理の準備などの準備負担がかかりません。

・自由な葬儀内容で執り行える
宗教や慣習・しきたりに縛られず、故人様やご遺族様のご希望に沿った葬儀ができます。

デメリット

・周囲の理解を得る必要がある
親族から呼ばなかったことを批判されてしまったり、故人様と生前関わりのあったご友人を悲しませてしまったりする可能性もあります。
事前に周囲の方にご納得いただいた上で決められることが大切です。

・葬儀費用の負担が増える
参列者が少なくなるため、その分香典による収入が減ります。
香典で葬儀費用をほぼ賄えず、実費での持ち出し費用が一般葬と比べて大きくなる可能性もあるので注意が必要です。

・後日の対応が必要になることも
葬儀に参列されなかった方が後日、弔問にいらっしゃることも少なくありません。
その際、個別に対応が必要となる可能性もありますので、弔問を辞退されたい場合には、訃報を伝える際に、身内だけでの葬儀を行ったことへのお知らせ。
さらに後日弔問についての情報を明らかにしておくなどの用意が大切です。

まとめ

身内だけで執り行う葬儀や、家族葬・密葬との違いについてご紹介して参りました。
故人様とのお別れに専念できる点はメリットになりますが、周囲の理解が必要とされることや、場合によっては後日の対応が必要になってくるなどの注意点もあります。
どんな葬儀の形を選択されるにしても、故人様とご遺族様にとって「この葬儀で最善だった」と思って頂ける葬儀にして頂けることが何より大切です。
埼玉の葬儀社「東冠」にまずはご相談下さいませ。

納得のいくお葬式にするために、事前相談をお薦めしております。

葬儀の事前相談はこちら
     
ご葬儀に関することなら、
私たち東冠にお任せください
無料相談無料見積もり無料資料請求
0120-55-7800
24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。