埼玉南部エリアで55年の実績。信頼のネットワークで安心・納得をお届けします。

24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。
0120-55-7800
お急ぎの方 資料請求
お問い合わせ
お見積りフォーム

両親も?義理の父・母の葬儀に参列する際の費用・香典・供花事情

今後とも長くお付き合いさせて頂く配偶者側のご家族との関係を良好に保つためにも、配偶者の父・母(義理父・義理母)がお亡くなりになった際に失礼のない対応ができると良いものですよね。
また、結婚という縁を結んでくださったご自身にとっても大切な義理父・義理母に気持ちよく送り出せるよう、葬儀のマナーについて知っておくことは決して無駄になりません。
今回の記事では、義理の父・義理の母の葬儀に関して疑問になりがちな、配偶者の両親の振る舞い、義理父・義理母の葬儀に参列するにあたっての香典・供花など葬儀費用と、焼香の際のマナーについてご紹介して参ります。

喪主の配偶者のご両親や親族も参加するべきか

配偶者となる妻(夫)やお子様が義理の父や義理の母の葬儀に出席することは一般的です。
では、配偶者のご両親や親族はどこまで出席すべきなのでしょうか?
基本的には、お家同士のお付き合いもありますので、配偶者様のご両親が揃って参列されるのが一般的です。
さらにお住まいが近場であったり、生前にお付き合いがあったりする場合には、配偶者側の兄弟が参列されることも珍しくはありません。

葬儀費用は負担するべき?

一般的には喪主(相続される方・血縁関係の一番近い実子(長男・長女)が葬儀費用をご負担されるケースが多いです。
ですが、葬儀費用は「誰が払うべき」と言った決まりはありません。
そのため喪主の葬儀費用の負担額が大きすぎる場合や支払いが難しい場合には、兄弟や姉妹で葬儀費用の負担をされることも珍しくはないです。
そのため、長男・長女の嫁(夫)ではなく、次女や次男の嫁(夫)と言った一般的に喪主に当たらない関係にあっても、義理父・義理母の葬儀費用の負担を打診されたり、自主的に申し出たりといったこともあります。
兄弟・姉妹家族で葬儀費用を負担する場合には、家庭の収入も考慮に入れて、それぞれの負担割合を決められるケースが多いでしょう。
いずれも、義理父・義理母の葬儀費用や準備について喪主側のご家族ときちんとお話をされて、皆納得のいくように話し合われることが大切です。

義理の父・義理の母のお葬儀で包むお香典について

義理の父・義理の母のお葬儀で包むお香典について

義理の父・義理の母へのお香典は、実の親御様の葬儀のお香典と同等の額を包むのが一般的です。
親御様に包む香典の相場は年齢によって異なり、目安としまして、20代で3万~5万円、30代で5万~10万円、40代で10万円~です。
配偶者と連名にする場合には、上記の5割増しの金額を包みましょう。
ただし義理父・義理母の葬儀に際して、喪主及び施主になるのであれば、お香典は不要になります。
しかし葬儀費用を喪主と折半して施主となる場合、喪主の考えや地域による考えの差もありますから喪主と相談され、香典が不要か必要かを確認された方が安心です。

供花について

夫・妻の連名の生花1基と、○○(配偶者側)家一同の生花1基(ご両親やご兄弟が個々に出されるのであれば各々の名前)の合計2基が一般的です。
生花を○○家一同として出すのであれば、貴方のお父様(ご両親)名のお香典も用意されるのが良いでしょう。
バランスや料金を揃えたいと考えたいと思われる方もいらっしゃるので、必ず喪主に相談しましょう。

義理父・義理母の葬儀に掛かる総料金について

通夜・葬式でのお香典
20代で3万~5万円、30代で5万~10万円、40代で10万円

葬儀の際の生花や盛篭等
5万円~10万円前後

初七日法要
葬儀と同程度を包みます。
20代で3万~5万円、30代で5万~10万円、40代で10万円

四十九日(49日)
20代で1万~3万円、30代で1万~5万円、40代で3万~5万円

ここまでの義理の父・義理の母の葬儀に必要な費用は20万円前後~目安となります。
さらに今度必要となる費用については以下のようになります。

一周忌
3~10万円

一三回忌
1~5万円

義理父・義理母の葬儀でのお焼香方法・マナー

義理父・義理母の葬儀でのお焼香方法・マナー

焼香の際に祭壇に向かい合掌、礼拝、そして、焼香。そして、席に戻る際に参列者やご遺族側に一礼をすると言った流れがあります。
義理の父・義理の母の葬儀に参列する際には、参列者側だけでなくご遺族側にも一礼をするべきなのか、判断に迷ってしまう場合もあるでしょう。
結論から言いますと、故人様の直系の2親等とその配偶者が遺族となりますので、義理の父・母の葬儀ではご遺族という立場で参列されることとなります。
ですので、遺族側への一礼は不要で、参列者側に会釈されればマナー上問題ありません。
しかし、風習などの関係から参列者だけでなく、親族側にも挨拶をされる方もいらっしゃいます。
配偶者や他遺族にならって、柔軟に対応して行きましょう。

まとめ

義理の父・義理の母の葬儀参列に際して疑問に思われる方の多いご質問や内容への回答を掲載させて頂きました。
葬儀前になって慌てないよう、また家族間の関係を良好に保つためにも、ご紹介した内容を参考に、どうか後悔なく故人様をお見送り下さいませ。

ご葬儀に関することなら、
私たち東冠にお任せください
無料相談無料見積もり無料資料請求
0120-55-7800
24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。