埼玉南部エリアで55年の実績。信頼のネットワークで安心・納得をお届けします。

24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。
0120-55-7800
お急ぎの方 資料請求
お問い合わせ
お見積りフォーム

葬儀代がない時はどうすれば?葬儀費用が払えそうにない場合に知っておくべきポイント

ご家族・親族様がお亡くなりになりますと、どうしても葬儀費用がかかってきてしまいます。
葬儀の内容にもよりますが数十万円~数百万円近い費用が1度に必要になるため、葬儀費用を「今すぐ用意できない」と悩まれてしまう親族様も少なくありません。
ここでは、そのような時に知っておくと心強い、葬儀代がない・払えそうにないといった場合に活用できる助けになる制度や、お金のやりくりの方法についてご紹介して参ります。

東冠では葬儀費用の相談の他にも納得のいくお葬式にしていただくために、事前相談をお薦めしておりますので、お気軽にご相談ください。
葬儀の事前相談をする
 

葬祭扶助制度を活用する

生活が困窮していて葬儀の費用を払えない場合に、国が定める生活保護法に基づく制度「葬祭扶助制度」を活用できる可能性があります。
適応されるのは、次の2つを満たす場合のみです。
・遺族が生活保護を受けている・必要なほどの経済的困窮状態にあり、葬儀費用に充てられる資産や収入がない場合。
・故人様に身寄りがいないため葬儀を行う者がおらず、民生委員などが行なう場合で、故人様の資産や遺留品などでは葬儀費用を捻出できない場合。

カバーされるのは火葬のみの葬儀となり、火葬に必要となる最低限の葬儀費用が支給されることとなります。

健康保険や自治体から給付される埋葬料や葬祭費を充てる

故人様が会社員であったのであれば、生前加入していた健康保険から埋葬費用として一律5万円の給付金が受け取れます。
故人様が会社員の被扶養者であった場合も同様です。
故人が自営業者で国民健康保険に加入していた場合や、後期高齢者医療制度の被保険者であった場合には、自治体より「葬祭費」が支給されます。
給付額は自治体によって異なりますが1~7万円です。
ただし葬祭費の場合は、行った葬儀に対して給付されるものですので、火葬のみの葬儀ですと給付の対象外となります。

故人様の預金を利用する

故人様の預金を利用する

2018年に民法が改正され、相続人が故人の銀行口座窓口に申請すれば、凍結後でも故人様の預金を引き出せるようになりました。
これにより、葬儀費用の捻出方法の幅が広がったのです。
ですが、引き出せる預金額には限度があり、法定相続分の3分の1までかつ、1つの金融機関あたり150万円を上限となっています。
ここで気を付けたいのは、相続破棄を検討されている場合です。
故人様の預金から葬儀費用の支払いを行う場合、妥当と思われる最低限の葬儀にかかる費用以上の出費があった場合、相続を認めるものと見なされる可能性があります。
たとえば、お墓や仏壇の購入など葬儀とは関係のない部分で預金を使用してしまうと、単純承認と見なされ相続破棄が認められなくなる可能性もあるため、相続全般の相談もできる葬儀社に相談をされると安心です。
埼玉の葬儀社「東冠」では相続診断士やファイナンシャルプランナーの資格を保有したスタッフが在籍しておりますので、安心してご相談くださいませ。

故人の生命保険を利用する

故人様が生前に加入されていた生命保険の保険金や、故人の預金を引き下ろして、葬儀費用に充てるという方法もあります。
ただし、手続きから給付されるまでには5~7日がおよそ必要になりますので、故人様がお亡くなりになってから3日程度で行われる葬儀代の支払いに間に合わないということも。
お支払いに不安がある場合には、葬儀社に早めに相談をされることをおすすめいたします。
状況に応じて何か改善策や、何等かの提案が可能な場合もございます。

市民葬・区民葬を利用する

市民葬・区民葬儀とは、自治体が指定した葬儀会社と提携してとり行う葬儀です。
自治体によって規模や内容が異なり、必要な内容を付け足すうちに費用が高くなってしまうこともありますが、民間の葬儀社で葬儀を執り行うよりも費用を抑えられる傾向があります。

葬儀ローンを利用する

葬クレジットカード会社などと提携し、葬儀ローンという形で借り入れを行える葬儀社もございます。
ただしローンである以上利息が付きますので、後々の支払いに問題がないのかを慎重に検討する必要があります。

火葬のみで葬儀をしないという選択

葬儀は義務ではございませんので、火葬のみでお別れを済ませることも可能です。
また自治体によってはお住まいの自治体で火葬をするのであれば、火葬代が免除になるところもあります。
市役所の福祉課で詳しく説明を受けられますので、一度市役所に相談されてみるのも手でしょう。
「火葬だけでは」と思われるご遺族様には、通夜を行わない簡略式の「1日葬」もございますので、予算の範囲で自分達が十分だと思われるプランを選択されてみても良いでしょう。
東冠の直葬(火葬のみのプラン)や、1日葬プランの中にはお葬式に必要なものが含まれておりますので、料金が分かりやすく安心してご依頼頂けます。
ご不安な点や、ご質問などありましたら、遠慮なくご相談くださいませ。

まとめ

葬儀費用はおよそ200万円位といわれています。
大切な人を亡くされて、悲しみの中で葬儀費用の悩みも抱えなければいけないのは、精神的にもとてもお辛いはずです。
ですが、葬儀の種類や内容によっては大きく予算を抑えることもできますし、給付金などを活用することで一時的な金額の負担を軽減しながら、必要なお金お用意することも可能になるかもしれません。
大変な時だからこそ、助けとなる制度や葬儀社などを積極的に活用し、ご負担を減らしていただければと思います。
今回の内容が、「葬儀費用がない」とお悩みの方にとって少しでも参考となれば幸いです。

納得のいくお葬式にするために、事前相談をお薦めしております。

葬儀の事前相談はこちら
     
ご葬儀に関することなら、
私たち東冠にお任せください
無料相談無料見積もり無料資料請求
0120-55-7800
24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。