Home >> 社葬セミナー

社葬セミナー

社葬は「広報活動」であり、重要なリスクマネジメントです。
社葬セミナー風景

社葬・合同葬・お別れ会は社を挙げて企業の功労者御霊を慰め、追悼するために執り行いますが、それだけではなく、企業の「広報活動」であり、リスクマネージメントでもあります。社葬は企業を取り巻く4つの社会(社員・取引先・株主・一般社会)に対する広報活動です。社外に対しては会社の存在意義や価値観を示すことが狙いとなります。社内に対しては企業文化を体現し、志を受け継ぐ決意を新たにし、一層の結束を図る機会となります。


中小企業のための社葬
社葬イメージ

社葬は大企業が行うものであると誤解をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?最近では、大企業よりもむしろ中小企業の社葬が増えています。亡くなられた方が創業者の場合、オーナー企業の場合は社葬を行う事が多いようです。
故人の会社に対する業績が大きいことから、後継者の問題も重要となるからです。このような場合、きちっとした形で社葬を行うことにより、取引先に信頼を与えることが大切です。また、社内的にも、新しい経営陣としての求心力、社員は忠誠心を醸成していきます。

▲PageTop