Home >> 葬儀についての質問
葬儀についての質問
危篤/臨終
「末期の水」ってなんですか?
「死亡通知書」について教えて下さい。
「湯灌」について教えて下さい。
「死装束」について教えて下さい。
通知/手配
死亡のお知らせはどこに連絡したら?
葬儀の前にしておくことは?
必要な書類にはどのようなものがありますか?
通夜・葬儀準備
世話役について教えて下さい。
「神棚封じ」について教えて下さい。
宗派によっては仏壇を閉じると聞きましたが?
自宅で葬儀を行う際の注意事項は?
枕づとめ/納棺
「枕飾り」について教えて下さい。
「戒名」について教えて下さい。
納棺の際、棺に入れてはいけないものは?
通夜
礼装について教えて下さい。
席次について教えて下さい。
喪章について教えて下さい。
通夜の進行(式次第)を教えて下さい。
神式の場合の通夜は?
キリスト教式の場合の通夜は?
葬儀・告別式~出棺
葬儀、告別式について教えて下さい。
焼香の順序について教えて下さい。
「別れの花」について教えて下さい。
その他、慣習等ありましたら教えて下さい。
火葬~後飾り
「納めの式」について教えて下さい。
「お骨あげ」について教えて下さい。
「土葬」する場合には?
「あと飾り」「遺骨迎え」について教えて下さい。
「精進落し」の手順は?
葬儀終了後
何をしたらいいですか?
「香典返し」について教えて下さい。
「形見分け」について教えて下さい。
忌中法要・年忌法要について教えて下さい。
埋葬/納骨
時期は…?
すぐにできないときは…?
埋葬・納骨の式をするときは?
仏式、神式、キリスト教式の各場合は?
 
「末期の水」ってなんですか?
もう一度、よみがえって欲しいという願いを込めて、死に水とも言われる「末期 ( まつご ) の水」は、 医師に臨終を宣言されてから行います ( 実際には病院から自宅に帰ってから行うことが多くなりました ) 。 新しい筆の穂先か、割り箸の先にガーゼや脱脂綿を白糸でくくり、茶碗の水に浸して故人の唇を濡らすようにします。 配偶者から順次、血縁の濃い順に一人ずつ行います。
↑もどる
 
「死亡通知書」について教えて下さい。
病院で亡くなった場合/医師による死亡確認後、死亡診断書をもらいます。
自宅で亡くなった場合/医師を呼び、状況を確認してもらいます。その後、死亡診断書をもらいます。
事故死の場合/突然の事故で亡くなった時は、早急に医師が警察に連絡し ( 指示があるまで遺体を動かしてはいけません ) 、 検死後、死体検案書 ( 死亡診断書 ) を警察からもらいます。
↑もどる
 
「湯灌」について教えて下さい。
「末期 ( まつご ) の水」が終わったら、親族の手で遺体を洗い清める「湯灌 ( ゆかん ) 」を行います。 昔は、逆さ水 ( たらいの水にお湯を注いだもの ) で清めましたが、 最近では、シャンプー・ボディーシャンプー・顔剃り・髭剃り・爪切り等を行い、「お風呂に入っていただいている」ような感覚でご遺体を洗い清めます。 弊社でもご希望により承っておりますので、どうぞお気軽にご相談下さい。
↑もどる
 
「死装束」について教えて下さい。
末期の水 ( ~湯灌の儀式 ) の後、経帷子 ( きょうかたびら ) などの死装束に着替えさせますが、 最近では故人が生前、愛用していた衣服または新しい浴衣などを着せるのが一般的になってきているようです。その上にかけるものを、弊社が宗旨・宗派に合わせてご用意いたします。
↑もどる
 
死亡のお知らせはどこに連絡したら?
まずは気を落ち着かせましょう。葬儀の日取りを決める前に、死亡を通知しなければなりません。 別居の家族、親族、親しい友人、勤務先などがそうですが、急死の場合は「シス」といった電文は、ショックが大きいのでとりあえず、 「キトク」と打った方がよいでしょう。
↑もどる
 
葬儀の前にしておくことは?
葬儀社に連絡をし ( 弊社にお電話下さい ) 葬儀に関する打ち合わせをします。 隣近所への連絡は、町内会長を通じて行っても構いませんが、ごく近所の家へは直接あいさつに出向きます。 葬儀の日時、式場などが決まり次第、告別式に間に合うように、死亡通知を発送します。 ごく親しい人の場合は、電話や電報でも構いません。
↑もどる
 
必要な書類にはどのようなものがありますか?
医師から死亡診断書をもらったら、市区町村役場 ( 役所 ) に提出します。 日・祝日・時間外でも受け付けてもらえるので、死亡後できるだけ早く、遅くても翌日には届けます ( 本籍と現住所が異なる場合は2通必要 ) 。 死亡届を提出すると、火葬許可証を発行してくれます。 これを火葬時に提出すると、埋葬許可証として渡され、それが後日の納骨の際に必要になるので、大切に保管しておきます。
↑もどる
 
世話役について教えて下さい。
葬儀は何かと慌しく、雑事が多いもの。その進行を指揮する人が必要です。 葬儀をスムーズに行うため、喪家の事情や地域の習慣がわかっている方に世話役をお願いします。 また、世話役は寺院や葬儀社との打ち合わせに立会い、全体の流れを把握し、喪主にかわって葬儀に関するさまざまな事柄を指示します。
↑もどる
 
「神棚封じ」について教えて下さい。
自宅葬儀を行う場合、家の中の絵画・賞状・生け花など華やかなものは全て片付けます。 神棚は、扉のあるものは閉め、ないものは神体が隠れるように半紙を貼り下げておきます。 これは神が「穢れを嫌う」ということからきています。
↑もどる
 
宗派によっては仏壇を閉じると聞きましたが?
浄土真宗の場合は、仏壇の扉を開き、内敷を白に替え、樒 ( しきみ ) を挿した花立を供えます。 その他の宗派の場合、仏壇の扉を閉じます。
↑もどる
 
自宅で葬儀を行う際の注意事項は?
自宅で葬儀を行う場合、道路上に受付を設けたり、花輪を並べるときには、所轄の警察署に申請する必要があります。
↑もどる
 
「枕飾り」について教えて下さい。
屏風は逆さに立て、遺体は北枕になるようにし、僧侶を迎えて枕経を上げていただきます。 北枕は釈迦の涅槃 ( ねはん ) の姿勢、「頭北面西右脇臥 ( ずほくめんさいうきょうが ) 」  ( 頭を北に、顔を西に向き、右横に臥す ) に倣うものといわれています。 枕元には枕飾りを整えます。ここには、ご飯を盛った故人愛用の茶碗、箸をまっすぐに立てる一膳めしや樒を挿した花立、水を入れたコップなどを置き、線香立ての線香は絶やさないようにします。
↑もどる
 
「戒名」について教えて下さい。
枕経をあげた僧侶が、故人と同じ宗派なら戒名をそのときにつけてもらいます。 日蓮宗では「法号」、真宗では「法名」と呼び、その他の宗派では「戒名」です。 自分の家の宗派がわからないときは、とりあえず俗名で葬儀を出します。
↑もどる
 
納棺の際、棺に入れてはいけないものは?
納棺にあたり、死亡後も生前と同じような生活が営めるよう、棺に故人の愛用品を納めるならわしで、 現在も広く行われています。 遺体を損なわないよう、爆発するものや金属、ガラスなど燃えないものは避けます。 また、キリスト教式葬儀では故人が愛用していた十字架やロザリオを持たせます。
↑もどる
 
礼装について教えて下さい。
◆男性の礼装
和服の正式喪装黒の紋付き袴です。 洋服の正式喪装モーニングコートです。 ネクタイ・ポケットチーフ・靴下・靴は黒を用います。 モーニングコートに準ずる礼装として広く着用されているのが、ブラックスーツです。
◆女性の礼装
和装の場合は黒無地染め抜き五つ紋付で、帯・帯揚・帯締は黒、半えりと足袋は白にします。 洋装の場合は、オーソドックスな黒無地のワンピースや、スーツ、アンサンブルです。
※ 各種礼装はご希望により弊社でご用意 ( レンタル ) いたします。
↑もどる
 
席次について教えて下さい。
通夜の席次は、棺に近いところから、喪主、肉親、近親者、友人というふうに座り、準備が整ってから僧侶に入場してもらいます。
↑もどる
 
喪章について教えて下さい。
喪章は本来、遺族や近親者が喪に服している「しるし」として着けるものです。 従って正式の喪服の上に、更に喪章を着ける必要はありません。 また、平服だからといって一般の弔問客や会葬者は、あえて着ける必要がありません。 通夜や葬儀で受付係や会場係の人が黒の腕章を巻いているのは遺族の立場にあるからです。
↑もどる
 
通夜の進行 ( 式次第 ) について教えて下さい。
一般的には、
(1) 一同着席 (2) 僧侶入場・読経 (3) 焼香 (4) 喪主挨拶 (5) 通夜ぶるまい
で進めます。
↑もどる
 
神式の場合の通夜は?
通夜祭には、楽員、一般参列者が着席し、続いて斎主 ( 神職 ) 、 祭員が入場着席した後に、遺族、親族が入場します。 祭詞奏上 ( さいしそうじょう ) があり、喪主から順に参列者一同、玉串奉奠 ( たまぐしほうてん⇒仏式の焼香にあたるもの ) します。 この間、楽員は雅楽を奏します。
「みたまうつし」と呼ばれる遷霊祭は、故人の霊を零代に遷す儀式です。 灯火を消した暗闇の中で、遺族、親族が参列し、神職の手で行われ、終わった後で納められて一家の守護神となります。 儀式の後の会食には、死の穢れを忌むため、喪家で煮炊きはせず、外から運んだものでもてなします。
↑もどる
 
キリスト教式の場合の通夜は?
本来は通夜や納棺の儀式はないものですが、日本的な慣習による前夜式を、納棺式と合わせて行う場合があります。 祭壇の前に遺族、親族、参会者が集まり、司式者 ( 牧師、神父 ) により賛美歌を合唱します。 続いて司式者の聖書朗読、神父の言葉、祈りのあと、一同が献花をします。 通夜ぶるまいにあたるもてなしでは、ごく軽い食事や茶菓子が出されます。
↑もどる
 
葬儀、告別式について教えて下さい。
普通、葬儀と告別式は引き続いて行われます。葬儀は、故人の成仏を祈り、近親者によって営まれる儀式で、告別式は故人と生前親しくしていた人々が、 最後のお別れを告げるためのものです。
↑もどる
 
焼香の順序について教えて下さい。
告別式に移る前に、お別れの焼香をします。 喪主から順に行うわけですが、一応の決まりがあります。 夫が亡くなった場合、その喪主が長男であれば長男から、妻のときは妻、故人の両親、長男、長男の嫁というふうで、 その他の兄弟は年の順に。孫がいれば、その後に孫、嫁いだ娘、そしてその夫、故人のおじ、おばとその配偶者、血縁の深い方の親戚からの順番になっています。
↑もどる
 
「別れの花」について教えて下さい。
告別式が終わると、親族は最後の別れを惜しみます。 棺の前に喪主、遺族、近親者と血縁の深い順に並び、めいめい一輪ずつ、棺の中の遺体のまわりを埋めるように敷き詰めます。 これは別れの花といわれています。
↑もどる
 
その他、慣習等ありましたら教えて下さい。
最後の別れが済んだら、棺のふたを閉め、釘を打ちます。 これも故人と縁の深い順に小石で一人二回ずつ、コツコツと軽く打ちます。 この小石は、三途の川の川原の石を意味するといわれています。 また、故人が生前愛用していた茶碗を袋に入れ、玄関で割ります
これは戻っても食事ができないことを意味する別れの儀式です ( 地域や宗旨・宗派によって様々な儀式や習慣があります ) 。
↑もどる
 
「納めの式」について教えて下さい。
火葬場に到着すると、棺をかまどの前へ安置し、白木の位牌と遺影を飾り、僧侶が読経します。 このとき全員で焼香し、「納めの式」を行います。この後で点火されます。
↑もどる
 
「お骨あげ」について教えて下さい。
火葬には、ほぼ一時間を要するので、参列者は控室で待ちます。 火葬が済むと、骨を拾って骨壷に納める「お骨あげ」を行います。 二人一組で箸を使い、足から順に要所の骨を拾い、最後に喪主が舎利と呼ばれる「のどぼとけ」の骨を納めるのが習わしになっています。
↑もどる
 
「土葬」する場合には?
日本での本来の葬制の形だった土葬は、その名残りを未だにとどめている地方もあり、 また、遺骨を埋葬する場所でも、土葬時代の風習のままに、行列をして墓地へ行くという野辺送りの葬礼の形を残している地方もあります。 また、神道やキリスト教では現在でも土葬を行う場合があります。
↑もどる
 
「あと飾り」「遺骨迎え」について教えて下さい。
出棺後、葬儀社や世話人によって「あと飾り」の祭壇が用意され、「遺骨迎え」の準備をします。 玄関先には手洗いのための水や柄杓、手拭きなどを用意し、清めの塩を置きます。 遺骨が帰宅したら、一人ひとりに水をかけ、塩をふりかけ、死の不浄を清めます。 祭壇に安置した遺骨には、読経、焼香などをし、神式では帰家祭を行うこともあります。 キリスト教では特に決まりはありませんが、祈りを捧げるなどをします。
↑もどる
 
「精進落し」の手順は?
遺骨迎えの後、葬儀万端の労をねぎらう意味で、遺族が葬儀関係者をもてなすのが精進落しです。 仕出し料理や折り詰めにお酒を添えたり、料亭や貸席で行うことも多くなっています。 地方によっては、通夜ぶるまいと同じように、近隣の婦人たちの手で用意する風習もまだあるようです。
上座には僧侶、神官、牧師、世話人代表やその他の世話人が着き、喪主、遺族、親族は末席に着きます。 喪主か親族代表がお礼の挨拶をし、宴席では遺族側が一人ひとりに丁寧に酒の酌をして回り、お礼を述べます。
宴で残った料理は、宗派に関係なく、折りに詰めて持ち帰ってもらう習慣があります。
↑もどる
 
葬儀終了後、何をしたらいいですか?
事務の引継ぎ
通夜から葬儀にかけて、世話人に任せておいた事務の一切を引き継ぎます。 受付係からは会葬者名簿、御供物名簿や名刺類を受け取り、会計から受け取る香典類は現金をよく確認します。 慌しい間に遺族の気付かなかったこともあるでしょうから、申し送り事項などもよく聞いておきます。
僧侶への謝礼
葬儀終了後、僧侶への謝礼は「御布施」と表書きし、小盆の上にのせ、僧侶に上書きが正面になるようにして差し出します。
近所への挨拶まわり
葬儀でお世話になった人や隣近所へのお礼の挨拶は、告別式の翌日に行います。借り物などがある場合は早めに返すようにしますが、 いずれ香典返しをするので手土産はいりません。
↑もどる
 
「香典返し」について教えて下さい。
香典返しは宗派によって異なりますが、仏式では四十九日の忌明けに挨拶を兼ねて行います。 俗に半返しといい、いただいた額の二分の一から三分の一程度で、お茶・石けん・タオルなど、 後に残らないものに挨拶状をつけて届けます。
↑もどる
 
「形見分け」について教えて下さい。
遺品の整理をし、故人が生前愛用していたものを、近親者で分けます。 目上の人には、先方からの申し出がない限りは遠慮し、衣類などはクリーニングに出しておくようにします。
↑もどる
 
忌中法要・年忌法要について教えて下さい。
◆仏式の場合(法要事) 仏式では、7日ごとに故人を供養する決まりごとになっています。
死亡日を入れた日数 呼び方 法要の内容
7日目
 ( 葬儀当日も多い ) 
初七日
 ( しょなのか ) 
親族、知人、葬儀でお世話になった方を招き、読経、焼香の後、故人を偲んで会食を行う。
14日目 二七日
 ( ふたなのか ) 
遺族だけで行う。
21日目 三七日
 ( みなのか ) 
同上
35日目 五七日
 ( ごなのか ) 
宗派によっては、親族・知人を招き、忌明けの法要を行う。納骨式を行い、会食する。白木位牌から塗位牌に替え、仏壇に納める。
42日目 六七日
 ( むなのか ) 
遺族だけで行う。
49日目 七七日忌
 ( しちしちひき ) 
親族・知人を招き、忌明けの供養をする。埋骨式を行い、会食する。白木位牌から塗位牌に替え、仏壇に納める。
初めての盆 新盆 仏の供養を行う。
100日目 百か日 親族・知人を招き、故人を偲んで供養する。
満1年目 一周忌 同上
満2年目 三回忌 同上
満6年目 七回忌 同上
満12年目 十三回忌 同上
満16年目 十七回忌 同上
満22年目 二十三回忌 同上
  • 初七日法要は、葬儀当日にお骨が帰ったら行うことが多くなりました。
  • 命日の前の休日等にあわせて、法要の日を多少変えてもかまいません。
  • 満36年目 ( 三十七回忌 ) 以後は個人的供養を行うのは少ないようです。
  • 地域や宗派により、多少異なる場合があります。
  • 関西地方では一般的に死亡日の前日から数えます。


◆神式の場合(霊前祭) 神式では斎日(さいにち)といって、10日単位が決まりごとになっています。
死亡日を入れた日数 呼び方 行事の内容
翌日 翌日祭 献饌 ( けんせん⇒供物を御神前に供えること ) 、祭詞、玉串奉奠 ( たまぐしほうてん⇒仏式の焼香にあたるもの ) などを行う。
10日目 十日祭 同上
20日目 二十日祭 遺族だけで行うことが多い。
30日目 三十日祭 同上
40日目 四十日祭 同上
50日目 五十日祭 親族・知人を招き、忌明けの供養をする。神職を呼んで、献饌、祭詞、玉串奉奠などを行う。
50日祭の翌日 清祓祭
 ( せいばつさい ) 
修祓 ( しゅうばつ⇒神職がおはらいの言葉を述べ祓い清める儀式 ) して、清祓の儀 ( せいばつのぎ⇒神棚を封じていた白紙を取り、忌が明けて平常の生活に戻すための儀式 ) を行う。
初めての盆 新盆 仏式と同様に死者の供養を行う。
100日目 百日祭 親族・知人を招き、故人を偲んで供養する。
満1年目 一年祭 同上
満2年目 二年祭 同上
満5年目 五年祭 同上
満10年目 十年祭 同上
満20年目 二十年祭 同上
  • 100日目までは、10日ごとに十日祭を行うのが正式です。
  • 命日の前後の休日等にあわせて、行事の日取りを多少変えることもあります。
  • 満30年目 ( 三十年祭 ) 以後は個人的供養を行うのは少ないようです。
  • 地域により、多少異なる場合があります。


◆キリスト教 ( カトリック ) の場合 カトリックでは、追悼ミサ、またはミサ聖祭と呼んでいます。
死亡日を入れた日数 呼び方 行事の内容
3日目 追悼ミサ ( ミサ聖祭 )  教会聖堂に、親族・知人、友人が集い、司祭の先導で聖書を読んだり、聖歌を歌います。その後、茶菓子でもてなします。
7日目 追悼ミサ 同上
30日目 追悼ミサ 同上
毎年の命日 追悼ミサ 同上


◆キリスト教 ( プロテスタント ) の場合 プロテスタントでは、記念式と呼んでいます。
死亡日を入れた日数 呼び方 行事の内容
1ヶ月目 記念式 親族・知人、友人が集い、牧師の先導で聖書を読んだり、賛美歌を歌います。その後、茶菓子でもてなします。
1年目 召天記念・祈祷式 同上
3年目 召天記念・祈祷式 同上
5年目 召天記念・祈祷式 同上
毎年の命日 召天記念・祈祷式 同上
↑もどる
 
時期は…?
火葬された遺骨は、いったん自宅に安置されますが、長くは置かない方が良いとされています。 埋葬、納骨は仏式の四十九日に当たる忌明けの頃に行われることが多く、1年以内には終えるようにします。
↑もどる
 
すぐにできないときは…?
墓地の問題や、郷里が遠いなどの理由で自宅安置が長くなるような場合、仮納 ( かりおさめ ) 、預骨 ( よこつ )  といって、寺院、教会、霊園の納骨堂で預かってもらえます。
↑もどる
 
埋葬・納骨の式をするときは?
遺族や近親者、ごく親しい友人、知人などで内輪に行います。霊園、寺院などへは事前に連絡をしておけば、手続きや墓地、祭壇の準備など依頼できます。 埋葬許可証、認印が手続きに必要ですから、忘れずに持参しましょう。 埋葬許可証は、納骨した寺院や霊園で預かることが多いようです。
↑もどる
 
仏式、神式、キリスト教式の各場合は?
仏式の場合
焼香道具、花、ろうそく、線香、水桶などを用意し、僧侶の司式により読経、焼香します。
神式の場合
神職のお祓いと祭詞で進行します。10日ごとの霊祭のどの日かを選びます。
キリスト教の場合
召天記念の日を選んで、牧師 ( 神父 ) のお祈りと賛美歌 ( 聖歌 ) のうちに行います。
↑もどる
▲PageTop