埼玉南部エリアで55年の実績。信頼のネットワークで安心・納得をお届けします。

葬祭部
24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。
0120-55-7800
お急ぎの方 資料請求
お問い合わせ
東冠オリジナル
エンディングノート

お坊さんのいないお葬式は非常識

お坊さんのいないお葬式は恥になる…?値段や注意点について
「得に宗教にこだわりはないし、宗教に関係もないからお坊さんを呼ぶ必要をあまり感じない」とお坊さんなしのお葬式にしたいと考える方が増えてきています。
ここでは、「お坊さんのいないお葬式」について、メリット・デメリットをはじめ、知っておきたい注意点についても解説していきます。

お坊さんのいないお葬式とは?世間的に非常識?

お坊さんのいないお葬式とは?世間的に非常識?
お坊さんなしでお葬式をするには、いくつかの葬儀タイプがあります。

お坊さんのいないお葬式のタイプ

無宗教葬

お坊さんなどの宗教者を招かずに行う葬儀です。
公営斎場・葬儀式場などで、きちんと故人様とのお別れの時間や場所を設けたいけれども、宗教儀式を希望しない家族葬として、希望される方に向きます。

直葬

直葬には、お通夜や告別式は含まれません。
納棺の後に、そのまま火葬場に運んで火葬を行います。
火葬の際に僧侶による読経が行われるのが一般的ではありますが、希望すれば一切の儀式をなくすことも可能です。

世間的にみて非常識?

「お坊さんのいないお葬式は世間的に非常識なのか?」と心配される方もいらっしゃいます。
お葬式は故人様のためでもありますが、それ以上に残されたご家族が最後に故人様とお別れをする気持ちの整理をし、ご遺族の気持ちを慰めるためという側面があります。
ですから最終的には、故人様の希望であれば故人様の希望を重視し、ご家族がどのように判断されるかです。
お坊さんを呼ばないお葬式は、故人やご遺族の意思として尊重されるものであり、決して非常識なものではありません。

お坊さんのいないお葬式のメリット・デメリット

デメリット

メリット

葬式費用を低予算で行える

お坊さんにお葬式に来てもらうとなると「お布施」という謝礼として、一般的な平均は20~50万円です。※日数、戒名(法名)の有る無しで変わります。
お盆・彼岸・年忌法要などの法要にともなう「お布施」も続きますから、その費用もかかることになります。
無宗教葬にすれば、「お布施」が一切掛からないというメリットがあります。

自由な葬儀ができる

仏式や神式など宗教に沿うお葬式では、規定の儀式に従う必要があります。
そのため、式の進め方を自由に変えるということはできません。
無宗教式であれば、故人様のお気に入りの音楽をかける、花を飾ったキャンドルをともす、ビデオで故人様の生前の姿・家族や友人との思い出を、来場者と共有することも可能です。
自由度が高くアットホームなお別れを実現させることができます。

デメリット

菩提寺がある方はご注意

古くからお付き合いのある菩提寺がある場合、菩提寺の僧侶に葬儀のお勤めと戒名(法名)を頂くことが暗黙のルールです。
菩提寺に知らせることなく独断で葬儀を行ってしまうと、納骨を断られるなど問題につながる可能性があります。
菩提寺が遠くても必ず連絡を入れ、お坊さんなしの葬儀をしても納骨をしてもらえるのか、確認を取りましょう。
納骨を断られる場合は、宗派を問わない民間の墓地(霊園や納骨堂、永代供養墓など)を検討する必要が出てきます。

親族が良く思わないことも

親族の中には一般葬が当たり前と考えられる方もいらっしゃいます。
お坊さんなしでの葬儀を希望しているのであれば、事前に参加される親族に相談されることをおすすめします。
なぜお坊さんを呼ばないことにこだわりたいのか、しっかりと説明し理解をしてもらうことが大切です。

東冠では徹底したヒアリングの上で、故人様・ご家族様のご意思を尊重したお葬式の形を提案させて頂きます。
お葬式に関する分からない点、不安な点など、どんな些細な事でもございましたらご遠慮なくご相談下さい。

ご葬儀に関することなら、
私たち東冠にお任せください
無料相談無料見積もり無料資料請求
0120-55-7800
24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。