埼玉南部エリアで55年の実績。信頼のネットワークで安心・納得をお届けします。

葬祭部
24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。
0120-55-7800
お急ぎの方 資料請求
お問い合わせ
お見積りフォーム

参列前に必読!【家族葬】お通夜の流れとマナー

家族葬

コロナウイルスの状況がまだまだ続く中、お葬儀の形は感染拡大防止の観点から家族葬が主流となりつつあります。
ですが、実際に家族葬の喪主を務めたり、家族葬に参列したりという経験が少ないと言う方も多く、マナーや流れに不安を覚えてしまう方も少なくないようです。
この記事では、家族葬ならではのお通夜の流れとマナーについて詳しくご紹介していきます。

一般的なお葬式とお通夜について

お葬式は2日かけて行うのが一般的です。
1日目にお通夜、2日目に葬儀・告別式・火葬が執り行われます。
1日目のお通夜は従来であれば、家族や親族、友人といった身近な人たちが集まり故人様をしのんで、お亡くなりになった方が生きている時と同じように最後の夜を共に過す儀式です。
夜通し故人を見守ることが一般的でしたが、最近では「通夜式」としてよりコンパクトに儀式化されつつあります。

コロナの影響下 一般的になりつつある「通夜式」の流れ

焼香
家族葬のお通夜は、一般的な葬儀でのお通夜の内容と大差はありません。
参列者が遺族・親族に限られていますので少し異なる点もあるので、通夜式の流れを順にご紹介します。

夕方の6時や7時から開始

開始の30分ほど前に会場に到着していることが好ましいです。
家族や親族が先に入場し着席すると、司会者より開式の挨拶が始まります。
参列者の席順につきましては、一般の葬儀(喪主、ご遺族・ご親族、会社関係、ご友人、一般参列者の順番)と同様です。血縁の濃い順に前方から着席しますが、故人様の配偶者の場合は祭壇にもっとも近い位置に着席します。

司式者の読経が始まる

司式者(導師・僧侶等)の読経が始まり、故人様を供養します。

焼香(15~30分)

司会・進行役の合図に従い、ご遺族様から焼香をし、その後に弔問者が焼香を行います。
焼香の順番は席順に従い、ご遺族様、そして親族、祭壇前へと移動して焼香を行います。

焼香が終わると、司式者が法話を行い退場(5~15分)

通夜振る舞い

故人の思い出を語りながら、参列者でお寿司などの料理を共にします。
家族葬の場合は通夜振る舞いを行わないケースもあります。

家族葬であれば、焼香に掛かる時間は15~30分になりますので、「通夜式」であればお通夜の時間は1時間ほどというケースが大半です。
通夜振る舞いを行う場合でも開始から2時間程度で終了すると考えて良いでしょう。
但し、司式者の読経時間により時間は前後します。

家族葬ではお通夜を行わない選択とその理由

お通夜を行わず、葬儀・告別式と火葬を1日で行う一日葬を行う選択もあります。
家族葬でお通夜を行わないことのメリットが注目されているのです。

1:精神的・体力的な負担を軽減できる

お通夜料理の必要もありませんし、参列者の体力とくに、高齢者の方の参列者や多い場合などは体調を考慮できます。コロナ禍ということもあり、感染予防の観点からお通夜を行わずにと言うご遺族様も増えております。

2:参列者の都合の融通が利きやすい

2日かけてのお葬儀ですと、遠方から参列されるご家族への宿等の配慮が必要ですし、滞在時間もその分長くなります。
1日葬であれば日帰りでの参列して頂くことが出来ます。

3:費用を抑えることができる

参列者10名の場合で見ると、お通夜を行わない場合おおよそ6万円ほど、費用を抑えることが出来ます。(費用の変動は葬儀会社によって異なります。上記金額は全国平均です)
宿泊費や読経・お車代・人件費・料理などの費用が抑えられる点が費用に影響しています。

家族葬に参列する際のマナー

マナー
現在、家族葬でお通夜を行わないという選択をされるご家族も増えておりますが、もちろん家族葬であってもお通夜を行われる喪主様も多くいらっしゃいます。
お通夜の知らせを受け取りましたら、よっぽどの事情がない限り辞退せずに受けるのがマナーとされています。
また、「親しい内にも礼儀あり」と言われるように、服装は通常のお通夜と同じように準礼装(男性の場合はブラックスーツ)、略礼装(ダークカラーのスーツ)が好ましいです。
女性は黒で無地のワンピースやスーツを選ぶと良いでしょう。
香典につきましては、家族葬の場合、一般的には香典は不要とされます。
というのも家族葬はそもそも「一般の葬儀の煩わしい負担を少なくすることで、故人との時間をより充実させたものにする」と言うことを目的としているためです。
ですが、香典をもらうかもらわないかは、ご遺族様の判断にゆだねられます。
原則不要とは言えども「万が一他の方が持ってきていたら」と考えると、不安になりますよね。
通常は香典について事前に知らせがありますが、香典辞退の文言が無い場合は念のために持参しておき、受付けていればお渡しするのが良いでしょう。

まとめ

家族葬のお通夜についてご紹介して参りました。
現在コロナの影響を受け、お通夜を行わない家族葬を選択されるご遺族様が増えております。
一般的なお通夜と内容はほとんど相違ありませんので知識として知っておくことでいざというときに慌てずに対応できるはずです。
お葬儀に関するお困りのことやご相談などありましたら、埼玉の葬儀社【東冠】までお問合せ下さいませ。

ご葬儀に関することなら、
私たち東冠にお任せください
無料相談無料見積もり無料資料請求
0120-55-7800
24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。