埼玉南部エリアで55年の実績。信頼のネットワークで安心・納得をお届けします。

葬祭部
24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。
0120-55-7800
お急ぎの方 資料請求
お問い合わせ
お見積りフォーム

妊婦さんのお葬式に参列は非常識?!鏡の迷信や最適な服装 感染対策について

悩む妊婦

大切なご友人やご家族、旦那様の近しい親族関係のお葬式など、妊婦さんだからこそ「参列した方が良いのだろうか」「それとも控えるべきなのか」と迷われる方も少なくないようです。
この記事では、妊婦さんがお葬式に参列するのは非常識と言えるのか、また気になる迷信についてご紹介して参ります。
また、どうしても外せない葬儀など、妊婦さんがお葬式に参列する際のお洋服や、注意点についても併せて紹介して行きますので、是非参考にして頂けますと幸いです。

妊婦さんがお葬式に参列するのは非常識なのか

体調が良く、ご本人様が希望されるのであれば、妊婦さんがお葬式に参列するのは決して非常式ではありません。
ですが一昔前、祖父母の時代では「妊婦は葬式へ行ってはいけない」「妊婦は火葬場へ行ってはいけない」「妊婦はお墓へ行ってはいけない」など言われることもありました。
ですがそれは決して「妊婦さんは迷惑だから来てくれな」という意味ではありません。
「体調が悪いなら参列を控えて良いですよ、無理して行く必要はありませんよ」そう言った思いやりの気持ちが込められていたのです。
というのも、一昔前のお葬式は今ほど設備も整っていません。
寒い中立ち座りを長時間強いられたり、火葬の光景を目の当たりにしたり、さらには流行病で亡くなった方のお世話をしていた方から病気をもらってしまうというリスクもありました。
その結果、妊婦さんが疲れてしまい体調不良や流産などを引き起こしていたという事実もあった訳です。
そういった背景から、実は今でもご年配の方や地域によっては、「妊婦さんの葬儀への参加は控えてもらっても構わない」「または控えて欲しい」と考えられる方も多く、鏡にまつわる迷信も言い伝わるようになりました。
お葬式の環境が整っている現代は、それほど妊婦さんの葬儀への出席は気にされなくなりましたが、妊婦さんであれば大事を取って参列を控えるという選択をされても十分に理解して頂けます。
ですから、お気持ちと体調を最優先し、親族や地域の方の考え方も参考に参列されるかどうかを決断されると良いでしょう。

良く言われる迷信について

手鏡
「妊婦さんがお葬式に出席すると赤ちゃんを連れて行かれてしまう」
「妊婦さんがお墓に行くと憑かれる」
「赤ちゃんにあざができる」
このような言われは、ご紹介したような昔の葬儀風習から妊婦さんを守るために人々の間で囁かれるようになった迷信です。
そこから葬儀=死に近い場所=邪気がある(悪いものがいる)と言われるようになり、邪気を払う為にお腹に赤い布を巻くと良い。
鏡の表面を外側に向けて腹部に入れると良いとも言われるようになりました。
鏡には災いを撥ね返す力があると考えられていて、お葬式に参列される妊婦さんは、鏡の反射部分を外向きにして腹帯などで鏡を押さえるように仕込まれる方が多いです。
鏡にはいろいろな大きさがありますが、ポケットサイズ程度のものだと移動時にも不便がありません。
地域によっては同じく邪気を払うと言われる櫛や刃物を身に付けるべきと考えられる地域もあるようです。

妊婦さんの葬儀への出席は絶対必須ではありません

ご自身の体調と赤ちゃんの状態を考えてベストと思える決断をされてください。
どうしても断り切れないような親しいご友人やご家族の葬儀であれば、旦那様に代わりに行って頂くのも良いでしょう。
それも難しい場合は、後日、弔電をうったり、お香典やお悔やみ状を送ったりと弔意はきちんと示すようにすれば、ご遺族様も嫌な気持ちにはならないはずです。

葬儀に出席する際に妊婦さんに最適な服装

黒服の妊婦
葬儀に参列されることを決められた妊婦さんもいらっしゃると思います。
その場合、気になるのはお洋服ではないでしょうか?
「大きくなったお腹に合わせて着られるような喪服や、黒いコートもない…」そんな事もありますよね。
妊婦さんようの喪服も販売されてはいますが、わざわざ購入する必要はございません。
お葬式での妊婦さんやお子さまの服装に関しては、厳格なルールはなく参列者の方もそれほど気にはされません。
基本的に、光沢がなく黒色でシンプルなお洋服や靴であれば問題なく、喪服である必要はないのです。
どうしてもお葬式に着ていけそうなお洋服が無い場合は、妊婦用の喪服レンタルなどを利用されるのも手です。

お葬式参列前に要確認!妊婦さんの【マスクの着用】コロナ感染対策

マスク着用
コロナの影響がまだまだ続く中、お葬式の会場はたとえ少人数の家族葬だとしても3密は避けられません。
妊婦さんは特に、感染対策に気を引き締める必要があるでしょう。
花粉症の時期もそうですが、お葬式の会場でマスクを付けることはマナー違反にはなりません。
妊婦さんの場合もしかりです。
ただしお焼香と受付の際は、マスクを付けたままですと誰なのか分かりにくいなくため、マスクを外すと良いでしょう。
マスクの色に関しては白が好ましいと言われますが、マスク入手が困難な場合は医療用マスクや色付のマスクでも派手なものでなければ問題ございません。

まとめ

妊婦さんのお葬式への参列は、ご自身の判断で決めるものです。
体調は万全か、不安がないか、地域や親族の風習や考え方はどうなのか、そういった事を考えながら、ご検討下さい。
まずはご自身と赤ちゃんの健康が第一です。参列をしないとなった場合も、他に弔意を示す方法はありますし、ご遺族の方も必ずや理解してくれるはずです。
「あの時のお葬儀で…」(参列させて頂きたかった、参列しない方がよかった)と言ったような後悔をしないようにしたいものですね。

ご葬儀に関することなら、
私たち東冠にお任せください
無料相談無料見積もり無料資料請求
0120-55-7800
24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。