埼玉南部エリアで55年の実績。信頼のネットワークで安心・納得をお届けします。

葬祭部
24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。
0120-55-7800
お急ぎの方 資料請求
お問い合わせ
東冠オリジナル
エンディングノート

葬儀に向くアクセサリーのマナー

今回ご紹介するのは「葬儀に向くアクセサリーのいろは」です。
葬儀で使われるアクセサリーというと、真珠のネックレスやピアスが一般的ですが、実は、真珠であってもNGとされるものもあります。
大きさ、色、長さなど実は様々な決まり事があるのです。
ここでは、気持ちよく大切な方に最後のご挨拶をするためにも、葬儀に向くアクセサリーのマナーを見ていくことにしましょう。

本来は 結婚指輪意外のアクセサリーを控えるのがマナー

本来は 結婚指輪意外のアクセサリーを控えるのがマナー
葬儀では、「結婚指輪以外のアクセサリーは控える」。
本来これが正しい衣装です。
ただ、現代では西洋のアクセサリーがあって喪服が完成するという文化の流入や、喪服のデザインも変化してきていることから、真珠のネックレスやイヤリングを付けて葬儀に出席する方が多くなっています。

絶対に抑えておきたい、アクセサリーマナー

絶対に抑えておきたい、アクセサリーマナー
葬儀にはご親族およびご親族の方がもちろん出席されますから、ちょっとした認識の違いで「非常識な方」と思われてしまうリスクも高く、その後の関係にも響きかねません。
これだけは押さえておきたい、葬儀のアクセサリーマナーをまとめてみました。

ご法度な光物には要注意

ダイヤモンド、宝石、ゴールドジュエリーなど光物は避けましょう。
結婚指輪は付けて行っても問題ありませんが、ダイヤモンドをあしらっている結婚指輪であれば、ダイヤの面を下側にして見えないようにすることがマナーです。
また、結婚指輪でもホワイトゴールド・プラチナ・シルバー以外の色合いや、色は白でもキラキラとしたカットを地金に施しているもの、ダイヤモンドをたくさんあしらったエタニティリングであれば外していくことが好ましいです。
黒真珠・白真珠の結婚指輪もマナー違反にはなりませんが、あまりに珠が大きかったり、煌びやかに見えてしまったりするのであればあえて付けていく必要はありません。

やはり人気なのは真珠

真珠は「月の涙」とも言われ、故人様に想いを馳せる葬儀に相応しいため重用されています。
真珠の他にもオニキスやジェット、黒曜石、ブラックオニキスはヨーロッパ版の喪服ジュエリーで、日本での葬儀でも使用は可能です。
ただし、カットが施されているジェット・黒曜石、ブラックオニキスは光を反射させきらびやかになってしまうため、必ずカットのない丸珠を使用しましょう。

基本的にはネックレス・イヤリング(ピアス)のみ

葬儀でのアクセサリーはネックレス・イヤリングのみが一般的で、指輪は結婚指輪であれば問題ありません。
ただ結婚指輪でも光沢のあるもの、宝石をあしらったもの、ゴールドなど色付きのものは好まれませんので、気を付けましょう。

年齢によって好まれるお葬式向きのアクセサリーが変わる

一般的に20代であれば、何もつけない方が良いと言われますが、付けても失礼には当たりません
30代からは白・グレー系のパール、40代〜はブラックパールのアクセサリーが人気です。
年代によって、好まれるアクセサリーや装いが変わってきています。

真珠のネックレス・ピアスなら何でもOKではありません

真珠のネックレス・ピアスなら何でもOKではありません

【ネックレスの場合】
・2連のもの
「不幸が2重になる」を連想させるため、たとえ真珠で白色であったとしてもマナー違反となります。

・長いもの
見た目が華やかになってしまい、お悔やみを申し上げる席には不釣り合いであること、お焼香の時にも邪魔になるといったことから、長いパールのネックレスに関してもマナー違反です。
下で結んで短くするという方もいらっしゃいますが、「お葬式には向かない」と考えられる方が多いです。
お葬式に向く真珠のネックレスであれば、長さの理想は40センチ前後で、鎖骨の当たりまでの長さだと丁度良いです。

・真珠が大きすぎるもの・円形ではないもの
最近では冠婚でも使えるような8~8.5mmほどの珠のものを良くされていますが、7~8mm程度にとどめるのが好ましいです。
形はバロックですとカジュアルになってしまうため、可能な限り円形に近いものを選択してください。

・白・グレー・黒以外のカラーの真珠
色は白・黒に近いグレー・黒のどれかが好ましいです。
白でも照りのあるピンク系の真珠は祝い事の席向きと考えられる方も多いため、避けましょう。

【イヤリングの場合】
・揺れるタイプはNG
1粒ついたシンプルな直結タイプを選択してください。
2つ以上の真珠がついているものは、こちらも不幸が重なるを連鎖させるため、1粒タイプが鉄則です。

・地金が派手なもの
1粒タイプでも地金がゴールド色で目立ってしまう場合は、付けていかない方が良いです。

まとめ

・お葬式のアクセサリーは真珠・ジェット・黒曜石、ブラックオニキス素材が一般的
・真珠であれば丸珠、カラーは白・グレー・黒で8mm以下の小ぶりなもの
・50㎝以上のネックレス・二重のネックレスは避ける
・ピアスは揺れないタイプの1粒真珠のものが一般的
・結婚指輪以外の指輪は外す
・光物・地金が派手なものなども避ける

「お悔やみの席にふさわしいのか」で判断し、迷うようであれば無理にアクセサリーを付けないことを選択するのも手です。
東冠では「寄り添う」ことをモットーに、スタッフ一同行動・言葉・心遣いすべてでその気持ちを示し、お客様にとって1番に頼れて、1番に近い存在になれるよう、精進しております。
葬儀、終活、ご自身の葬儀に関してなど、いつでもご相談下さい。

ご葬儀に関することなら、
私たち東冠にお任せください
無料相談無料見積もり無料資料請求
0120-55-7800
24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。