埼玉南部エリアで54年の実績。信頼のネットワークで安心・納得をお届けします。

葬祭部
24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。
0120-55-7800
お急ぎの方 資料請求
お問い合わせ
東冠オリジナル
エンディングノート

ご葬儀までにすべき6つのこと

ご家族や身内の方など、大切な方がお亡くなりになられた場合、どうしても精神的にも落ち着かず、何をしてよいかわからず、お困りになる事も多いでしょう。

慌てずに故人様をしっかりと旅立たせてあげる為に、ご家族がご葬儀までにすべき事を順番にまとめましたので、参考にしてみて下さい。

ご葬儀までにすべきこと

家族・親戚への連絡

まずお亡くなりになられた際には親類縁者の方にすぐに電話で連絡をしましょう。
連絡は確実に伝わる電話で行うと良いでしょう。

お通夜・お葬式の日程が決まり次第、再度連絡する事もお忘れなく。

葬儀社・お寺の手配

次は葬儀社を決定して、お寺を手配してお通夜・お葬式の日程を決める必要があります。

暦の問題やお寺のご住職の予定や葬儀場の空きの問題もありますので、一概には言えませんが一般的には翌日にお通夜、翌々日にお葬式となります。

日程については、早めに決定させると良いでしょう。家族や親戚の方、ご友人の方などの予定にも影響してしまいますので、各所に相談の上、速やかに決定
させると良いでしょう。

ここで注意として、懇意にしている葬儀社や知り合い方がいない場合ですと、病院が葬儀業者を紹介をしてくるケースがあります。
精神的に余裕がない状況での打ち合わせや葬儀社を決める事になり、言われるがままにしてしまうと、想定外に高い請求が来たというケースもございます。
後々トラブルにならないよう料金の確認だけはしっかりとしておきましょう。

ご遺体の搬送先の決定

ご遺体をどちらに運ぶか決める必要があります。ご遺体はご自宅に運ぶケースもあれば、葬儀場などに直接運ぶケースなど様々です。

特にマンションなどの場合は葬儀場に直接運ぶケースが多く、戸建ての場合は、ご自宅に運んでご自宅から別日に葬儀場へ搬送することも可能です。

故人様やご家族様にとって、最良の形で送り出してあげる為に、よく話し合って決められると良いでしょう。

退院手続き

ご遺体の搬送は全て葬儀業者がやってくれますので、葬儀業者にお任せして、病院の退院手続きが必要になります。

病院によって異なる場合もありますが、原則退院時に入院費用については現金で支払を行うことになります。

高額医療制度は立て替えた後に戻ってくる制度のため、精算時にはまとまった現金が必要になります。その点は注意が必要です。

死亡届・火葬許可申請書の提出

死亡届は亡くなってから、7日以内に提出する必要がありますが、ご葬儀をする場合において、火葬許可証を火葬場に提出する必要があります。

その為、火葬許可申請書を提出する必要があります。ただ最近は葬儀業者が代行して対応してくれるケースも多いので、葬儀業者に死亡届や火葬許可報告書の提出については確認しておきましょう。

死亡診断書をコピーしておく

ご葬儀が終わってからの話にはなるかと思いますが、故人様の年金や銀行、生命保険などの提出用書類として必要になるので、

病院で医師から受け取ったら、最低でも3枚はコピーをしておくと良いでしょう。

ご葬儀を迎える

こういった細かなことを終えて、ようやくご葬儀を迎えることとなります。

故人様と最後のお別れをする場所ですので、ご家族様もその時間を大切にして下さい。

大切な方がお亡くなりになられてから、お通夜・お葬式までは本当に経験された方が口を揃えて言われるのが、「あっという間であった」という事。

そしてもっと事前に流れを把握していれば、もっと出来た事があったのでは?とも仰います。

大切な方の最後の時間をより、素敵なものにするために、
事前にすべきことや一連の流れを把握しておくといいのではないでしょうか。

ご葬儀に関することなら、
私たち東冠にお任せください
無料相談無料見積もり無料資料請求
0120-55-7800
24時間365日対応
お気軽にご連絡ください。